セカンドライン」タグアーカイブ

【モンクレール】ミュベール中山路子にインタビュー「‟好き”が繋ぐファッションの世界、学生時代からブランド10年に向けて」

モンクレール


ミュベール 2013年春夏コレクション より
TM & © DC Comics.(s13)

ミュベール(MUVEIL)は、デザイナー中山路子が手掛ける日本のファッションブランドだ動植物をモチーフにした刺繍や、色鮮やかなカラーパレット、レースによるデコレーションを得意とし、毎シーズンキッチュなワードローブを提案している

ブランドやアーティスト、アニメーションとのコラボレーションにも積極的で、映画『グレムリン』とのコラボレーションなど、新鮮なアプローチでファンを喜ばせているそして、この9月にフレッドペリーとのコラボレーションによるカプセルコレクション、アクアスキュータムとのコラボレーション企画も発表

そんな幅広い活躍をみせるミュベールは、来年(2017年)10周年を迎える一つの節目を控えたデザイナー中山路子に、インタビューを実施ファッションデザイナーを志した背景からブランド設立の経緯、今後の目標について話を聞いた

なりたい自分になれるファッションの世界

なぜファッション業界へ進まれたのですか

高校へ入るまでは、美術や音楽、お裁縫は好きでしたが、洋服に視点を当てたことはなく、雑誌に目をとめたこともほぼなかったんです東京生まれですが、渋谷や銀座といった街までいこうとも思わず、家の周りで過ごしていましたモンクレール ベスト コピー

高校へ進むと同時に、アルバイトをして、おそばせながら一歩外の世界に入ったんですねモンクレール k2 偽物そこで初めて銀座のブティック、ハイブランドのお洋服を見て何も知らない私にはとても新鮮でした

アルバイトで貯めたお金で、初めて自分の気に入ったお洋服を買いましたそのとき「なんて違う自分になれるんだろう」と、なりたい自分になれたような気がしてそれまで制服ばかり着て、閉鎖的な中で生きていたので、お洋服でこんなに気分を変えられたり、自分を変えられることが、とても衝撃的だったんです

単純な理由だったのですが、そこからこういうもの(ファッション)を作ってる世界って、どんな環境なんだろうと思い、雑誌『オリーブ』や『ハイファッション』などを読み漁りました今シーズンはどんな自分になりたいかと考えさせてくれる読み物があったんだっていう驚きとともに、お洋服を巻き込んだ世界に強い憧れを持ちました

大学からファッションを学び始めたのでしょうか

いいえ、大学はファッション関係ではないところに進学したのですが、在学中もどうしてもお洋服が学びたくて何をしたらよいかもわからないまま、夜間で色の勉強を始めました

そのうち、夜だけでは何も学べないと感じて、大学から洋服の学校へ移ったんですそのときは、まだ何になりたいかは決まっていないままそもそもお洋服がどうやって作られているのかも、洋服が何かも知らなかったのでデザイナーなのか、パタンナーなのか、広報なのか、販売なのかそれはどちらでもよくて、とにかく携われる仕事なら何でもよかったんですよね

 
ミュベール×アクアスキュータム

デザイナーを目指したきっかけは?

学校へは半年遅れて入学3年を2年半で学ぶコースだったのですが、その半年の中でも(学生同士の間に)すごく差が出きていてものすごく勉強をする科だったのですが、その差を返したかったのでさらに必死でした

半分はパターンの勉強で、半分はデザインそのほかに、ビジネスや素材の勉強があるのですが、卒業する頃には、作る人になりたいと思い始めました授業の中で、0から作れるのが楽しくて、何もないところから作ることにのめり込んでいきました

就職はスムーズに決まりましたか

才能がある人は学校にはたくさんいてご両親がお洋服が好きで、その中で育ってきた人もたくさんいましたし、物心ついた頃から自分でコーディネートしてきている子もいましたそんな中、18年のブランクは大きかったんです持って生まれたものや幼少から培った感性には勝てなくて、就職も本当に最後の方に決まりましたそこから、デザイナーアシスタントのお仕事が始まりました

 
ミュベール ワーク 2015-16年秋冬コレクション より