インタビュー」タグアーカイブ

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

グッチ スーパーコピー最高級品優良販売店2023最新作取り揃えるGucciコピーブランド偽物通販グッチ 偽物バッグ、靴、Tシャツ、ズボン、リング、携帯ケース業界最大級Gucci スーパーコピー信頼保証安心安全サイト必ず届く

グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099
レディースファッション » 財布小物 » 折りたたみ財布
商品詳細
素材:レザー
アンティークゴールドトーンのハードウェア
ダブルG
5つのカードスロット
1つの請求書コンパートメント
内部ジッパーポケット
スナップ留め
クローズ:W4.3cm x H3.3cm ×D1.2cm
オープン:W4.3cm x H6.9cm
推奨ブランド コピー 通販

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

【グッチ】大人気グッチ GGマーモント 偽物★カードケースウォレット 3色 676150UF4AX9099

2月某日、ディーゼルの創始者兼社長レンツォロッソが来日したファッションプレスは、レンツォロッソ本人にインタビューをし、ディーゼルが打ち出すとてもユニークなキャンペーンや、マーケットについて、日本についてなど質問

レンツォロッソは、世界80ヶ国以上に約5,000箇所の販売拠点を有し、約500ものディーゼルストアを展開、さらにメゾン マルタン マルジェラやヴィクター&ロルフ、ディースクエアード等、世界的ブランドも有する一大グループを率いるトップそんなレンツォロッソは意外(?)にも気さくにこちらの質問に回答してくれた

■「DIESEL ISLAND」

ファッションプレス編集部(以下FP): まず、ディーゼルの2011年春夏広告キャンペーン「DIESEL ISLAND」は島を舞台にビジュアルを展開していますが、このキャンペーンのコンセプトについてご説明いただけますか?

レンツォロッソ ディーゼル創始者兼社長(以下ロッソ): 昨年の広告キャンペーン(「BE STUPID」)では、自分らしく生き、失敗を恐れずに何度でも挑戦する精神を「STUPID」という言葉で表現したんだそんな姿勢を貫いたらと想像を膨らませて、今回考えついたのが「DIESEL ISLAND」というコンセプトなんだ自分達の理想の国ってどういうものだろうってねディーゼルジャパンの精神に共感する人々が集まった島にはパスポートもあるし、独自の法律もあるそこには自分達だけの創意あふれる生活があるんだ

 

FP: その島でディーゼルはどんな役割を担うのですか?

ロッソ: 今はウェブがあって、フェイスブックなどのSNSもあるそれらのコミュニケーション手段を使って、友達や家族、さらに世界中の人達とあらゆる楽しみをシェアできる彼らがどんな生活を思い描いているか、どうやったらこの2011年をよりよくしていけるかについて、アイデアや情報を与えてくれる私達は何かについて「こうするべきだ」なんて言うつもりはないよそんなことはあり得ないむしろすべての人にベストなことを実現するために私達ができることを教えてもらいたいんだ若い人達が考えていることを形にしたDIESEL ISLANDを作り上げていきたいと考えているよ

FP: 今回の「DIESEL ISLAND」と前回の「BE STUPID」キャンペーンとの関係についてもう少し伺えますか?

ロッソ:全てはひとつの馬鹿げたアイデアから始まったんだ前回の「BE STUPID」キャンペーンでは、ただ世界にショックを与えたかった前任のクリエイティブディレクターがディーゼルを去った後も、私はディーゼルが変わらず持ち続けているエネルギーを表現したかったディーゼルは常にとても勇敢で、モダンで、革新的で、活気に溢れていたし、これからもそうであり続けなければならないそこで私が思いついた「BE STUPID」キャンペーンでムーブメントを起こしたそれが今回の「アイランド」にまで発展したこの「アイランド」というのはとても強力なアイデアで、想像力を刺激してくれるんだ

■社会へのメッセージ

FP: ディーゼルの広告キャンペーンはいつも力強く、センセーショナルですその一方で、あなた方の広告は地球温暖化など社会問題へも警鐘を鳴らしていますね

ロッソ:私達は常に社会問題に対して積極的に関わっていきたいんだ私達が直接的に問題を解決できるということはないかもしれないけれど、そうした問題について積極的に発言していきたいと考えているディーゼルなりのアイロニーとフィロソフィーをもって、いつも何かポジティブなメッセージを発していきたいからね新しい世代の人達、若い世代の人達の存在は本当に大切だと思っている彼ら若い世代と一緒でなければ、私達は政治家や世界中の人々をよりよい方向に向かわせることはできないと思っているそうでない限り、政治家達は日々の問題を解決するだけで精一杯だからね

FP:ディーゼルは世界中でビジネスを展開していますそしてグローバルキャンペーンでは世界全体に向けて強力なメッセージを送り続けていますそれは難しいことですか?

ロッソ:いや、そんなことはないな以前は難しかったけれど、今は難しくないそれはウェブのおかげだね今はウェブを通じて情報を世界中の人に伝えることができるから、グローバルキャンペーンだってそれほど難しくはないよ

FP: たとえ異なる文化や宗教を持つ人々に対してでも同じなのですか?

ロッソ:そうだねたしかに世界には様々な異なる宗教があるでも、私達は宗教を通じて人々に語りかけているわけではなく、「ソウル」に語りかけているソウルは世界中どこにおいても同じなんだ

【モンクレール】ミュベール中山路子にインタビュー「‟好き”が繋ぐファッションの世界、学生時代からブランド10年に向けて」

モンクレール


ミュベール 2013年春夏コレクション より
TM & © DC Comics.(s13)

ミュベール(MUVEIL)は、デザイナー中山路子が手掛ける日本のファッションブランドだ動植物をモチーフにした刺繍や、色鮮やかなカラーパレット、レースによるデコレーションを得意とし、毎シーズンキッチュなワードローブを提案している

ブランドやアーティスト、アニメーションとのコラボレーションにも積極的で、映画『グレムリン』とのコラボレーションなど、新鮮なアプローチでファンを喜ばせているそして、この9月にフレッドペリーとのコラボレーションによるカプセルコレクション、アクアスキュータムとのコラボレーション企画も発表

そんな幅広い活躍をみせるミュベールは、来年(2017年)10周年を迎える一つの節目を控えたデザイナー中山路子に、インタビューを実施ファッションデザイナーを志した背景からブランド設立の経緯、今後の目標について話を聞いた

なりたい自分になれるファッションの世界

なぜファッション業界へ進まれたのですか

高校へ入るまでは、美術や音楽、お裁縫は好きでしたが、洋服に視点を当てたことはなく、雑誌に目をとめたこともほぼなかったんです東京生まれですが、渋谷や銀座といった街までいこうとも思わず、家の周りで過ごしていましたモンクレール ベスト コピー

高校へ進むと同時に、アルバイトをして、おそばせながら一歩外の世界に入ったんですねモンクレール k2 偽物そこで初めて銀座のブティック、ハイブランドのお洋服を見て何も知らない私にはとても新鮮でした

アルバイトで貯めたお金で、初めて自分の気に入ったお洋服を買いましたそのとき「なんて違う自分になれるんだろう」と、なりたい自分になれたような気がしてそれまで制服ばかり着て、閉鎖的な中で生きていたので、お洋服でこんなに気分を変えられたり、自分を変えられることが、とても衝撃的だったんです

単純な理由だったのですが、そこからこういうもの(ファッション)を作ってる世界って、どんな環境なんだろうと思い、雑誌『オリーブ』や『ハイファッション』などを読み漁りました今シーズンはどんな自分になりたいかと考えさせてくれる読み物があったんだっていう驚きとともに、お洋服を巻き込んだ世界に強い憧れを持ちました

大学からファッションを学び始めたのでしょうか

いいえ、大学はファッション関係ではないところに進学したのですが、在学中もどうしてもお洋服が学びたくて何をしたらよいかもわからないまま、夜間で色の勉強を始めました

そのうち、夜だけでは何も学べないと感じて、大学から洋服の学校へ移ったんですそのときは、まだ何になりたいかは決まっていないままそもそもお洋服がどうやって作られているのかも、洋服が何かも知らなかったのでデザイナーなのか、パタンナーなのか、広報なのか、販売なのかそれはどちらでもよくて、とにかく携われる仕事なら何でもよかったんですよね

 
ミュベール×アクアスキュータム

デザイナーを目指したきっかけは?

学校へは半年遅れて入学3年を2年半で学ぶコースだったのですが、その半年の中でも(学生同士の間に)すごく差が出きていてものすごく勉強をする科だったのですが、その差を返したかったのでさらに必死でした

半分はパターンの勉強で、半分はデザインそのほかに、ビジネスや素材の勉強があるのですが、卒業する頃には、作る人になりたいと思い始めました授業の中で、0から作れるのが楽しくて、何もないところから作ることにのめり込んでいきました

就職はスムーズに決まりましたか

才能がある人は学校にはたくさんいてご両親がお洋服が好きで、その中で育ってきた人もたくさんいましたし、物心ついた頃から自分でコーディネートしてきている子もいましたそんな中、18年のブランクは大きかったんです持って生まれたものや幼少から培った感性には勝てなくて、就職も本当に最後の方に決まりましたそこから、デザイナーアシスタントのお仕事が始まりました

 
ミュベール ワーク 2015-16年秋冬コレクション より