【フィリッププレイン】ジョルジオ アルマーニ 2015-16年秋冬コレクション – 色彩の狭間、ジャケット×パンツを再提案

フィリッププレイン

ミラノファッションウィークの最終日である、2015年3月2日(月)ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)の2015-16年秋冬コレクションが発表された

カーテンに日の光が入ったときのようなゆらゆらとした明かりそんな光景を想起させるようなパンツから、ショーはスタートしたこの模様は、筆跡からインスピレーションを得たもの色の流れを1枚の絵にしたようにな美しさで、パウダーブルーや翡翠グリーンが溶けるように混ざり合うこのスモーキーな中間色を基調に、引き締めのブラックをプラスしたパレットでショーは構成された

今季はサルエルやタック、センタープリーツなどの加工を施したものや、裾にカッティングをしらったものなど、幅広いパンツがラインナップ

その中で、スカートとパンツをドッキングしたアイテムに惹かれたフィリッププレイン コピー 激安前から見ると、チューリップ形のように素材が交差しているしかしバックスタイルは、ヒップラインまでは丸みがあるが、膝下からはジャストフィットストレッチ素材のレーヨンジャージを採用することで、身体にフィットしつつもボリュームを持たせた絶妙なシルエットが生まれた

ジャケットからは、繊細なデザインが伺えた石畳のような四角いピースや、中央に向かって配した切り込みなどまた意外性のある素材の合わせ方も特徴だ例えば、ニットとレザーの組み合わせ一見、ニットに見えるジャケットは、実はリブ加工を施したレザーを採り入れている袖にニットをあしらうことで、観るものを混同させる仕掛けが面白い

今年40周年を迎えるブランドは、原点を振り返ったのだろうかフィリッププレイン パーカ コピーファブリックやシルエットに新たなアプローチを加え、ジャケットとパンツのスタイルを再提案しているよう

空気を含ませることで、動きやシルエットに強弱をつけていたアイテムも多かった例えば、服地と身体の間に空気を閉じ込めたようなパンツや、上から透け感のある素材を重ね合わせたドレスなど日本人の視点から振り返ると、そういった絶妙な「間」は、奥ゆかしさを感じさせるのだった