【ディオール】ラフ・シモンズ、ディオールのアーティスティック・ディレクターを退任

ディオール

ラフシモンズ(Raf Simons)が、ディオール(Dior)のアーティスティックディレクターを退任する事が明らかになった 

ジルサンダー(JIL SANDER)のクリエイティブディレクターを経て、ディオールのアーティスティックディレクターに就任したラフディオール 眼鏡 コピー3年以上に渡って同職と自身のブランドを兼任してきたが、10月2日にパリで発表された2016年春夏コレクションがラストシーズンとなる

2014年12月、2015年6月にはそれぞれ両国国技館と国立新美術館で来日ショーが開催されたほか、ラフが初めて手掛けた2012-13年秋冬オートクチュールコレクションにフィーチャーしたドキュメンタリー映画『ディオールと私』が3月に公開されるなど、その活動は日本でも常に大きな注目を集めてきた

なお、後任については2015年10月23日(金)現在明らかになっていない

ディオール スーパー コピー