【ヴェルサーチ】ハトラ 2017年春夏コレクション – “隠すこと”の既成概念を壊して新たなステップへ

ヴェルサーチ

ハトラ(HATRA)の2017年春夏コレクションは、デザイナー長見佳祐がこれまで提案してきた隠すという概念を見返し、そして進化させることで築きあげられている個性を剥奪するということを念頭に置いた前シーズンから手法を変え、隠すということの表現を多様化させている

 

例えばストライプ柄制服やフォーマルドレスに良く用いられるこの柄は、ある意味個性を喪失させる要素を持っているこれを個性的にするために再解釈蜃気楼越しに見るような歪んだ直線の並列、シャツの大胆なまでの変形は重ねることで反比例して、スタンダードを壊していく

そこにデザインのアイデンティティを眠らせているからだろう今シーズンのハトラは肌を隠すということには実に寛容であるスリットとも言い難いほどの長い切れ目も、そして肩を落とすような着こなしもすべてが新鮮に映る

 

もちろん、これまでブランドの主役を担ってきたパーカーは登場するのだが、加えて新たに主役と呼べる「素材」がプラスされているダンボールニットだもちっとした触感、そして放物線を美しく描く硬質さ、どちらもを兼ね備えているのがそれであるヴェルサーチ 財布 コピーそして、3シーズン目の登場となるよりふさも忘れてはならない存在だろうヴェルサーチ 時計 コピー大切にしてきたものはそのままに、前述した新たな解釈で隠すという既成概念を崩している