【プラダ 】プラダコピー トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ BR1902 2WAYバッグ

【プラダ 】プラダコピー トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ BR1902 2WAYバッグ

PRADA コピー Tシャツ直販老舗大人気サイト、2023年トレンド春夏秋冬新作、必ず届く通関対策、丁寧な対応、お値下げセール活動PRADA 偽物 トートバッグ激安価格で入手簡単にお得プラダ 偽物 パーカー、帽子、日本未入荷品限定品取り備える品業界最大級通販店舗

プラダ トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ  BR1902 2WAYバッグ

スペック幅約36cm  縦約29cm  マチ約16.5cmファスナーポケット×1オープンポケット×1ハンドル約34cmショルダー約85-95cmブランドプラダ品番BR1902この商品のポイント!世界から珍しい素材や質の高い皮を集め、イタリア職人の技術によりアイテムを作りイタリア王室の御用達ブランドとなったプラダ定番のブラックトートにゴールドの金具がゴージャスに配置されたトートバッグですショルダー付きの2WAYでコーディネートを楽しめますMAX49%OFF!『PRADA』その他のアイテムはこちらから!素材ナイロン/ソフトカーフカラーブラック/ゴールド付属品保存袋ギャランティーカードプラダ トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ  BR1902 2WAYバッグプラダ トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ  BR1902 2WAYバッグプラダ トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ  BR1902 2WAYバッグ推奨偽 ブランド

【プラダ 】プラダコピー トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ BR1902 2WAYバッグ

【プラダ 】プラダコピー トートバッグ ナイロン/ソフトカーフ BR1902 2WAYバッグ

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)は、2021-22年秋冬ウィメンズコレクションを発表した

“今の世界”を見つめ、未来を問う

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真1

コレクションには、今日の世界に対する山本耀司の眼差しを投影予測のつかない未来への問いを投げかけながら、現在に向き合う自身の視点をポエティックかつパンクな表現手法で描き出している

19世紀から着想のロングドレスやコルセットドレス

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真13

クリエーションの着想源となったのは19世紀全て黒に彩られたエレガントなシルエットのロングドレスは、アシンメトリーなフォルムや、不意にあしらわれたプリーツ、生地をつまみ幾何学的な模様を描くようにして配された有機的な立体装飾など、不規則で意外性のある装飾によって、ミステリアスな空気感を描き出しているコルセットドレスには、レースアップで編み上げたフロントを十字に遮るようにして紐を巡らせた

張り巡らされた白い糸

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真7

目に留まるのは白い糸の装飾黒い生地に不均一に張り巡らされた糸は、未完成であるかのような粗野さを漂わせつつも、複雑に構築されたウェアの造形に寄り添うようにしてあしらわれているのが印象的だ袖口や裾を断ち切りにしたオーバーサイズのテーラードジャケットには、あえて途切れ途切れに刺繍を施し、退廃的に仕上げた

亀裂のようなグラフィック

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真24

亀裂が入ったかのようなグラフィックを配したジャケットやコートもまた、デカダンなムードを放っている丸みを帯びたダイナミックなフォルムのコートは、シルクのしなやかな質感を生かしたドレープと、まるで引っ掻いたかのようにノイジーなグラフィックが呼応して、存在感がありながらもどこか儚さを漂わせた佇まいを見せる

チェーンやワイヤーのジュエリー

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真11

その他、チェーンやワイヤーによるジュエリーの装飾にも注目だミニマルなブラックドレスの流れを縦断するように、大胆にあしらわれたチェーンベルトは、身体を拘束するパンクファッションを彷彿させるとともに、ダークな華やかさをもたらしている尚、チェーンやワイヤーのジュエリーをはじめとする、ヨウジヤマモトの新アクセサリーラインが今後展開される予定だ

ドレスに羽織った無骨なアウター

ヨウジヤマモト 2021-22年秋冬ウィメンズコレクション - “未来”とは、今の世界を見据えて|写真32

加えて、ロングドレスに無骨なアウターを組み合わせたスタイルも散見されたホワイトのパイピングを施したブラックドレスには、袖にボリュームを持たせたショート丈のフライトジャケットをコーディネートレザードレスには、端正なロング丈のテーラードジャケットを組み合わせたまた、ドレープを効かせたアシンメトリーなワンピースには、変形させたレザーライダースジャケットをオン解体され、定義され得ないフォルムに構築されることで、独特な余韻を残していく

メンズと同様に、オンライン上で発表された今季のコレクションムービー終盤には、山本里美が手がけるリミ フゥ(LIMI feu)のルックも登場した